著作権管理業務

NexToneでは、「2.録音権等」「3.出版権等」「4.貸与権」の3つの支分権と、「5.映画への録音」「6.ビデオグラム等への録音」「7.ゲームへの録音」「8.広告目的で行う複製」「9.放送・有線放送」「10.インタラクティブ配信」「11.業務用通信カラオケ」の7つの利用形態における著作権管理を行っています。

※1.演奏権等については、環境が整い次第、管理業務を開始する予定ですが、現時点ではその具体的な開始時期は未定です。

NexToneの著作権管理について

テレビやインターネット、CD、DVD、映画、カラオケ等をはじめとして音楽は日常生活の様々な
メディアや場面で利用され、インターネット技術の進化発展に伴って、その利用形態はますます多岐にわたり複雑化しています。

音楽作品を利用するためには、その作品の著作権を持つ権利者(著作権者)の許諾が必要となりますが、このような状況の中で、多種多様な利用形態における許諾手続について、権利者と利用者がそれぞれ個別にやり取りを行うには、たいへんな時間と労力を要します。

NexToneは、音楽作品の管理・利用に関するルールや使用料を定めた上で、著作権者からの委任にもとづいて、利用者への許諾の取次と使用料の徴収を行い、音楽作品の円滑な利用を促進する窓口としての役割を果たしています。