フィンガープリント登録代行サービス

放送局や映像配信事業者における音楽の利用報告において、フィンガープリント技術が採用されるケースが増えてきています。

フィンガープリント技術とは?
指紋による人物の特定と同様に、音や映像から抽出した特徴データ(フィンガープリント)同士を高速に照合することで、音や映像を特定する技術です。

この技術を提供する事業者にフィンガープリントデータを提供することによって、放送や配信における利用報告精度が高まり、正しい分配を得られる可能性が高まります。

NexToneでは、フィンガープリントマスターデータの登録代行業務を無償で行っていますので、是非ともご活用ください。
※NexTone登録作品に限ります
※市販用CD音源のみ対象となります

<問合せ先>
contact_rh@nex-tone.co.jp