NexToneの著作権管理

NexToneの著作権管理について

テレビやインターネット、CD、DVD、映画、カラオケ等をはじめとして音楽は日常生活の様々な
メディアや場面で利用され、インターネット技術の進化発展に伴って、その利用形態はますます多岐にわたり複雑化しています。

音楽作品を利用するためには、その作品の著作権を持つ権利者(著作権者)の許諾が必要となりますが、このような状況の中で、多種多様な利用形態における許諾手続について、権利者と利用者がそれぞれ個別にやり取りを行うには、たいへんな時間と労力を要します。

NexToneは、音楽作品の管理・利用に関するルールや使用料を定めた上で、著作権者からの委任にもとづいて、利用者への許諾の取次と使用料の徴収を行い、音楽作品の円滑な利用を促進する窓口としての役割を果たしています。

著作権管理業務の流れについて

まずはじめに著作権者とNexToneとの間で「著作権管理委託契約」を締結し、委託者(著作権者)が委託する作品の情報をNexToneへ届け出ます。

NexTone管理作品の利用者は、NexToneへ利用申請手続を行い、NexToneの使用料規程に定める使用料を支払って利用許諾を受けます。
なお、利用者は作品の利用実績をNexToneに報告する必要があります。

利用者から支払いを受けた著作権使用料については、NexToneの使用料分配規程に則って、委託者(著作権者)に分配を行います。

許諾・徴収・分配の仕組み