著作権者からの委託を受け、音楽著作物の利用の許諾と使用料の徴収・分配を行っています。

NexToneの著作権管理について

テレビやインターネット・CD・映画・カラオケ・レンタルなど音楽を使用するメディアの発展により、音楽は私たちの日常生活のすみずみにまで広く浸透しています。さらに近年のインターネットやデジタル技術の進化に伴い、その利用方法はますます細分化し、複雑になってきています。
そのような中、著作権者自らが全ての利用者と交渉し著作権使用料を受領することは極めて困難であるため、著作権管理事業者が著作権者に代わって音楽作品の管理を行っています。
NexToneは、独自のノウハウや技術により各業務のシステム化・自動化を進め、効率的かつ精度の高い管理業務を実現しています。また、利用者とも連携しながら、より円滑なコンテンツ流通を促進させる役割も果たしています。

著作権管理業務の流れについて

著作権管理業務の流れ
  1. 委託者(「作詞家や作曲家などの著作者」または「著作者から権利譲渡を受けた音楽出版社などの著作権者」)とNexToneとの間で「著作権管理委託契約」を締結した後、委託者は自らが権利を保有する作品の情報をNexToneへ届け出ます。
  2. NexTone管理作品の利用者は、NexToneへ利用申請手続を行い、利用許諾を得た後、NexToneの使用料規程に定める使用料を支払います。
    なお、利用者は作品の利用実績をNexToneに報告する必要があります。
  3. 利用者から支払いを受けた著作権使用料は、NexToneの使用料分配規程に則って、委託者(著作権者)に分配されます。

広がる著作権管理範囲

管理区分を拡大してきた結果、現在NexToneは、下図の(2)~(11)の区分における管理を行っています。委託者はどの区分の管理をNexToneに委託するかを自由に選択できるようになっています。
「(1)演奏権等」についても、早期の参入に向け、調査・研究を行っています。

著作権管理範囲
※演奏権等については、環境が整い次第、管理業務を開始する予定ですが、現時点ではその具体的な開始時期は未定です。